【Horizon Zero Dawn PC】全ストーリーネタバレ注意!続編発売に向けて疑問点などまとめます

Horizon Zero Dawn
スポンサーリンク

はなりんです。

暑すぎて郵便受けに行くのも嫌です。

今年も玄関ドアの上から落ちてくるGの罠に引っかかった。
お願いだから上で待ってるのやめてください。
せめて下で。
しかも殺虫剤取りに行ってる間に見失った・・・。
他にも郵便受けの中に潜んで待つという罠もあるんだよね。
夏は怖い。

スポンサーリンク

ようやくクリア

全力で取り組んだ結果、ようやく2周目ウルトラハードクリアできました。
1周目storyモードで2周目時に必要な資源とシャードをしっかり準備して
ウルトラハードに挑みました。
ウルトラハードで心臓やレンズ集めなんてやってたら、
ブレイズやシャードがすぐに尽きてしまいます。
それくらい敵が固い&ダメージが大きすぎる。
シールドウィーバーもほぼ一撃で吹き飛ぶ。

それでもシャードはどんどん減っていくばかりで
頻繁にノラの狩場でブレイズ集めてました。
調子に乗って「霜の槍」使いまくると冷却水も枯渇する始末。

ウルトラハードでは「霜の槍」が便利でした。
矢と違って攻撃時にあまり感知されないんですよね。
「今何が飛んできたんだろう?」って感じで処理されてしまいます。
周囲の人間が次々と倒れていくのに、
もっとしっかりしろよと言いたいですが。
「ストームスリンガー」だとすぐにバレてしまう。
発射時の音が大きい感じなのかな。

無事に全実績解除&フェイスペイントと新しいフォーカスゲットできました。
もう二度とウルトラハードはプレイしたくないです・・・。
エイムアシストって素晴らしいなあと実感しました。

あとDLCのイベントでイナタートを助けていると、
最終決戦に参加してくれるのを初めて知りました。
でも1周目には来てなかったので、選択肢次第なのかな。
「好きなことをすればいい」みたいなことを言ったような。

私のPCのスペックのせいかもしれませんが、
最終決戦時の尾根で戦ってた時に、
ストームバードをロープキャスターで縫い付けてたのですが
突然消えました。
フリーズとかこういうの何回かありました。
ちょっと不安定な印象です。

続編 Horizon Forbidden West予約開始!

9月18日 追記
続編の予約が開始されました。
PS4・PS5、パッケージ版・デジタル版、さらに特典がそれぞれ違うなど
たくさんのエディションがあるのでよく読まないと間違えてしまいます。
私はPS4スペシャルエディションを予約しました。
コレクターズエディションでもよかったのですが、
防具は欲しいけどフィギュアはいらないし・・・。
悩んで悩んでスペシャルエディションです。
その時までにPS5が入手出来ているでしょうか・・・。

レガーラエディションに付属してくるフォーカスが猛烈に欲しい!!

疑問点まとめ

ここから先はネタバレ全開になりますので、
未プレイの方、見たくない方はブラウザバックでお願いします。

ストーリーは分かりにくいものではないので、
謎が解明されなかった点をいくつか書いておこうと思います。
ここではプロジェクトゼロドーンの概要についてざっと書いておきます。

テッド・ファロの作った殺人兵器が暴走し、
自己複製をしながら地球上の植物や生物を燃料にするために
大量殺戮を始めてしまった。
殺人兵器にはバックドア(オーバーライド)がなかったため、
もはや誰にも止めることができない。
酸素は無くなりすべての生物はいなくなり・・・
機械だけが残る、というのが人類が滅亡した理由でした。

テッドから依頼を受けたエリザベト・ソベックは、
人類が滅亡するのは避けられないので
一旦その事態を受け入れたうえで、
再びゼロから復活することを目指したのが「プロジェクトゼロドーン」です。

まずは機械を止めなければどうにもなりませんが、
その方法がありません。
時間があれば方法もあったのでしょうが、
その前に動植物は絶滅してしまう。

一回絶滅して、機械の猛威が終わった後に、
安全に人類を復活させようとエリザベトは考えました。
地球滅亡まで400日と少し。

機械に見つからないように隔離した施設(エレウシス・ゆりかご施設)を世界各地に作り、
そこで保存した遺伝子から新しい人類を生産できるように設定。
それと同時に再び人類が存続できる環境づくりのために、
機械炉で機械を生産した機械で施設に保存しておいた植物の種子を蒔き
動植物を再び増やしていきます。
環境が安定したところで、
施設の新人類たちを地上に出すという流れです。

それらすべてを管理するのが
AIである「ガイア」です。
メインのコアである「ガイア」の他に副次機能である
ミネルヴァ、ヘファイストス、エーテル、ポセイドン、
デメテール、アルテミス、エイレイテュイア、アポロ、ハデスがあります。

全ての機能が説明されているわけでは無いので説明があるものだけ紹介します。

まずはミネルヴァで機械の機能停止コードを生成し、
1000年後に「導きの塔」と呼ばれているアンテナで送信。
これで機械は永久に停止します。
(最終決戦時に地面の下からデスブリンガーが這い出して来るのは
コードで停止していたから。)

そしてヘファイストスが
ガイアがその都度必要だと思われる機能を持たせたロボットを作り出し、
汚染された環境の改善を図ります。

その後、 エイレイテュイア がゆりかご施設から新人類を誕生させる。

新人類はアポロに保存されたアーカイブからこれまでの人類の知識や文化を学ぶ。
過ちを繰り返さぬために。

ハデスはガイアがもし環境づくりに失敗してしまった時のために、
またそれらを破壊して最初からやり直すために作られた。

そしてこの「ハデス」が暴走して人類を攻撃し始め、それを食い止めるのがアーロイです。

アーロイの正体は

アーロイはハデスの暴走を止められないと判断したガイアが、
最後の切り札として作り出したエリザベトのクローンです。
その後、ハデスの支配を防ぐためにガイア・プライムの反応炉をオーバーロードし、
結果ハデスもガイアも破壊されてしまいます。
しかしハデスは無くなったわけでは無かった。

ガイアのコアは少し東のバヌークの地の山中に落下しています。
ガイアの出す信号のせいでその地の周辺にいる機械は人間を襲うことがなくなっていました。
オセラム族がお宝と勘違いして掘り出してしまった後、
完全に壊れてしまって信号は停止してしまいました。

テッド・ファロの裏切り

予定通りとは行かなかったものの、
プロジェクトは概ね成功と思われていました。
しかしすべての元凶であるテッド・ファロはこれまでの人類の知識を残すことに否定的でした。
プロジェクトに関わったトップの科学者たち(アルファ)が寿命を迎えるまで暮らすことになった
「ガイア・プライム」とは別に自分専用のシェルターを作り、
そこに反近代派の人々と籠っていました。
そして、とうとうアポロのデータを消去してアルファの科学者を全員殺害してしまいます。

テッドがその後どうなったかについてはこれ以上の情報はありません。
地球が滅亡したのは2066年、
それから新人類が解放されたのは2326年3月16日。
ガイアがハデスからの信号を受け取ったのが3020年8月26日。
アーロイが誕生したのが3021年4月4日。
ゲームの舞台については約1000年後なので、
テッドが生きているとは思えないが
コールドスリープしてるとかそういうのもあるかも。
とにかく他にもなにかやらかしていそうですね。

ハデスとは

ハデスが暴走し、ガイアが自爆したのが20年前の大厄災。
サイレンスは「タイタン」の中に埋もれていたとか言っていましたが、
タイタンについてはよく分かりません。
(私が見落としただけかも、分かる方教えてください)
たぶん弔いの穴とか母の源にあるでかい機械が「ホルス」なので
そんな感じの機械があるのかなと思ってます。
ガイアは「ガイア・プライム」にありましたが、
他のAIはどこにあるのかは分かりません。

暴走の原因についても結局は分かりません。
サイレンスが見つけた時にはすでに
「導きの塔」を手に入れたがっていたということなので、
その前からおかしくなっていた。
完全な推測ですが、その暴走のトリガーにテッドが関係しているのではと思っています。

DLCの「凍てついた大地」では、
イエローストーン国立公園の地下のマグマを制御するために作られたAI「シアン」を
ヘファイストスが乗っ取って殺人機械を作っていました。
この「シアン」は「感情」を持っていて、
ガイアを作る際に参考にされたようです。

ヘファイストスが暴走した原因も不明と言っています。
ハデスがすべてを乗っ取ってガイアの代わりに動いているとすれば
分からないでもないですが、
ガイアは「私の副次機能は制御不能で混沌とした性質を持つ自我のある独立体へと変化しました」
と言っているし。
他のAIを脅したり乗っ取ったりはできるようですが・・・。
ハデスが人類を殲滅させようとしているのと対照的に、
ヘファイストスは強力な機械を次々と生み出しつつも、
人類がいなくなってしまうと困るようです。
それが何故なのかは語られていません。

余談ですが、ヘファイストスの本体は三角形をしています。
「鉄の花」は三角形の花に囲まれていて、
エリザベトの遺体も同じ花に囲まれています。
詳しい意図はわかりませんが、エリザベトに対する弔意とか何かがあるんでしょうね。

サイレンス

最後に飛んできたハデスの思念体?を持って弔いの穴?かどこかの
ホルスの前で立っています。
これは続編でまた出てきますね。
この人、敵なのか味方なのか・・・。
最初ハデスに協力したのもこの人だし、
テッドに続いて戦犯だと思っています。

DLCではサイレンスの過去について少しだけ言及されています。
詳しい時系列は語られていませんが、
元々バヌークのシャーマンで、
他のシャーマンとは相いれず最後には重要な儀式の間を荒らして出奔したようです。
必要な情報や機材を持ち逃げしたのでしょう。
得たい物のためには手段を選ばない人間ですから。

続編予想

ハデスをオーバーライドし、ガイアを修理して
たぶん平和になったんだと思いますが・・・、
プロモーション映像ではまたシャドウカージャみたいな部族が
機械を操っている様子が出ていました。
エレンドは気の毒に捕縛されていましたけど。
オセラム族の故郷クレイムも登場しそうな感じです。
今回ほとんど名前だけ登場のウタルとか。

サイレンスがホルスの前で意味ありげに立ってたので、
次回作ではホルスに乗って戦ったりできないかしら。

ポセイドンやデメテールとかの話もまったく出てなかったので
続編でこの辺りを期待してます。
また海の中を自由に泳げたりもするようなので、
新しいアーロイの戦い方を見ることができそうです。

それでは。

Horizon Zero Dawn
スポンサーリンク
この記事をシェアする
主婦ゲーマーのノート

コメント