MENU

運営者情報(自己紹介)

管理人のはなりんです。

いちおう子育て中の専業主婦をしております。

わたしのゲーム人生について

ファミコン発売は1983年。
我が家にそれがやってきたのは次の年のクリスマスでした。

それから私の生活はゲーム一辺倒に変わりました。

それからずっとゲームと共に人生を歩んできました。

小学生の頃、おもちゃ屋でゲームを物色していると
大抵同じクラスの男子に遭遇し、
「コイツ女のくせにすごいゲームうまいんやで」などと揶揄?されたりもしつつ、
誰に何を言われようがゲームの道を突き進んでまいりました。
何故女がゲームをしてはいけないのかは未だに理解できません。

その頃私は、クラス全員からのひどいいじめから解放されたばかりで、
完全に人間不信になっていました。

ちなみにいじめから解放されたのは、
リーダー格と女同士サシで話し合って、
最終的に胸倉掴んで殴ってしまったからです。
(サシでの勝負は祖父母の提案)
その子は泣きながら言いました。
「顔もかわいいし、いつもかわいい文房具をたくさん持っていてうらやましくてしょうがなかった、
ごめんなさい」
(小さい頃の私はかわいかったらしい)

いじめの件では担任の先生も、両親も、まったく取り合ってくれず、
私の方に非があると言われました。

ま、そういう時代だったんでしょうね。
しかしながら、教科書落書き、私物ゴミ箱(焼却炉)、盗み、無視、机に死骸、トイレで上から水、階段で突き飛ばしなど
ひと通りのいじめネタを受けていたのに
それに関わろうともしない教師も両親もク〇でした。
お金を取られなかったのだけは幸いだったかな。

リーダー格女子とその取り巻きは「謝罪したんだから許すべき」とそれからもしばらく絡んできましたが、
世の中には謝ったって絶対に許すことはできないこともあるんですよ。

余談ですが、その教師はそれから数年後に自〇していたことを
高校の部活の外部顧問の先生からききました。
リーダー格の女子は18歳あたりで父親が破産して自〇、その後夜逃げ、
一家離散になったと近所の噂でききました。
(確認したら家には違う人が住んでいた)

いじめはなにがあろうと絶対にダメですよ。
「ちゃんとお天道様は見てる」と私は思ってます。

そして学年が上がりクラス構成も変わり、
それでも誰とも口を利かなかった私の噂は
「なんかゲームたくさん持ってて変わった女子」らしかったです。
ともあれ、その時代の男子の共通認識である
「ゲームがうまいやつ=ヒーロー」みたいな風潮のお陰で、
完全に孤立せずに済んだようでした。
かえってそれを妬んで嫌がらせしてくる女子もいましたが。

奇しくもゲームが私の対人関係を救ってくれたとも言えます。

順調にコンシューマーゲーム中心の生活を送っていましたが、
19歳頃バーチャファイター2にハマって、
ひとりでゲーセンに出入りしてました。
そこでも「変わった女の子だ」って言われました。
そりゃ対戦終わったら「これからピアノのレッスン行かなきゃ!また明日!」
っていなくなる人あんまりいないわな・・・。

工業高校の電気科卒業です。

正社員、派遣社員を経て結婚してからは
専業主婦をやっています。

人生の目標は電脳化を体験することです。
最悪見るだけでも。

ゲーム以外の趣味

ピアノ。
4歳から20年ピアノ教室に通っていました。
嫌いじゃないけど、やめるタイミングがなかった・・・。
しかし練習嫌いでいい生徒ではありませんでした。
腕前は「楽譜見てどんな音楽かちょっとだけ分かる」程度。
まったく大したことありません。

ウクレレは肩こりがひどすぎて挫折しました。
コードの勉強も楽しかったけど・・・。

その他はかご作り、ハンドクラフトなど。
しかし私の趣味は全て肩こりとの戦いなので、思うように進みません。
肩が凝らない薬とか売り出さないかな~。

猫が飼いたいけど金銭的に無理なことが分かったので眺めるだけにしています。
かわりに熱帯魚飼ってます。
エビ爆殖水槽を管理していますが、コケとの闘いです。

一番好きな本はジャック・ヨーヴィル著、安田均・笠井道子訳の「ドラッケンフェルズ」です。
世界観が私の好みど真ん中でした。
あとは「鬼平犯科帳」「御宿かわせみ」などですね。
時代物が好きなんです。

好きなYouTuberは2BRO、三人称、牛沢、イカレタコ助(敬称略)ほかにもたくさん・・・。
最近は雨穴さんにどハマりしてます。

好きなゲームのジャンル

ストラテジーやRPGがメインでやっています。

初めてプレイしたファミコンゲームは「ハイドライドスペシャル」。
初めてクリアしたゲームは「ドルアーガの塔」です。
いまだに腕が落ちないように年に1回程度プレイしてます。
60面1時間クリアのノルマを科しています。
いつまでたっても側面受けが下手です。
裏ドルはやりません、疲れるので。

ドラクエ1の復活の呪文はたぶん認知症になっても覚えているんじゃないだろうか。

プレイスタイルに関しては分かる人には分かる例で申し訳ないですが、

FF4では攻略本に載っているレアドロップひと通り収集。
リボン4人分入手。

FF6ではティナにアルテマウェポン×2「両手持ち」「みだれうち」セット。
1ターンで9999×8回ダメージ見て満足。

ウィザードリィは前衛は全呪文習得済み侍×2、ロード×1
(本当はニンジャ×3とかやってみたい)
後衛は全呪文習得済み&全レベル9回のビショップ×2。
全呪文習得済みニンジャ×1。
レアアイテムは人数分収集済み。
みんなでティルトウェイト楽しい。
私にマッピングの楽しさを教えてくれたゲームでした。
それからしばらくマッピングが趣味になってしまって・・・。
後にマッピング用の左手コントローラーなんか買ってしまいましたよ。
余談ですが、ベニー松山氏の「隣り合わせの灰と青春」は珠玉の名作です。
古い本ですが機会があればぜひ読んでみてください。

ベイグラントストーリーはパラメーターカンストまで成長させる。
(さすがに全部は無理でした)

他にもたくさんありますが、そんな感じでしょうか。
さっくり言ってしまうと激強キャラづくりが趣味です。
もちろん今は自動でご飯が出てきたり、
洗濯や掃除がしてあったりする生活ではないのでそんなことはできません。
(お母さんありがとうございます!)

記事にしてないゲームもたくさんやっています。
最近は私の中でハードルが超高かったモンハンもできるようになりました。
やりすぎると腱鞘炎っぽくなるので楽で楽しいライトボウガンを使うようになりました。
怖くて仕方なかったバイオハザードにも挑戦できました。

アクションゲームは基本下手なので、
間違っても攻略記事を作ったり動画になどはできません。

パニックになってミスしまくって大暴れする動画が見たければご一報ください。
前向きに検討します。