MENU

【Ravenous devils】サイコパス夫婦のお店がオープンしました!

スポンサーリンク

なにげなくネットの海をうろうろしていたら、またおもしろそうなレストラン&仕立て屋経営ゲームを見つけてしまいました。

【Ravenous devils】というゲームです。

貪欲な悪魔、という感じですかね。

かんたんに説明すると、夫で仕立て屋バーシヴァルと妻でシェフ?のヒルドレッド夫婦がお店を経営するゲーム。

レストランで提供する料理の材料は人肉

そして仕立て屋ではぎ取った服をリメイクして売り、殺人の証拠を隠滅しながら経営を続けるというサイコパス&サスペンス?要素満載のゲームです。

この記事は【Ravenous devils】超序盤のレビューになります。

ほんの触りです、続きもやります。

目次

ゲーム情報

発売日:2022年4月30日

プラットフォーム:PC(Steam・Epic Games)
         海外ではPS、Switchなどあるようですが、日本ではPC版以外は未定のようです。

価格:580円

ジャンル:シミュレーション

日本語対応してませんが、それほど複雑なゲームではないので操作に問題はないと思います。

スマホの翻訳アプリでもあれば大丈夫でしょう。

アップデートで日本語対応しました!

はじめてみましょう

ゲームスタートしたらこの画面が出ます。

音楽もなんだかほのぼのした感じ。

そんなにサイコなゲームっぽくないのはきっとわざとなんでしょうね。

「Play」をクリックすると、この貧困と犯罪にまみれた町に夫婦が引っ越してきたエピソードがはじまります。



地下1階、地上3階建ての立派な建物です。

英語で夫婦の会話がありますが、表示が早すぎて無理でした💦

とにかくこの2人にとって広い酒場?と素敵な仕立て屋は希望に満ちたもののようです。

この悪魔の巣窟のようなお店の経営の仕方は、チュートリアルでしっかり解説してもらえますのでご安心ください。


まずは材料の仕入れから。

2階の仕立て屋で、夫が採寸するふりをして客を殺害。


服を剥いで地下につながるシュートから落とす。

服は分からないようにリメイクして店頭にディスプレイされます。

地下に落とされた死体は妻がまるごとミンチにしてワークベンチへ。

ワークベンチでミンチと小麦粉をトレイに乗せたらオーブンへ。

無事おいしいミートパイになります。

完成したパイをレストランに並べると待っていた客が食べる・・・。

そして被害者が着ていた服は夫がリメイクして仕立て屋に陳列します。

これで殺人の証拠がなくなりました。

服は仕立て屋に来た客が買っていきます。

その評判を聞きつけた客が採寸を依頼し・・・、次の材料へ。


レストランのカウンターに陳列されたミートパイをおいしそうに食べる客。

その味に満足した客は、もう一度このレストランを訪れることでしょう。



そんな感じでチュートリアルが終わったら実際にお店をまわしていきましょう。

とにかくいそがしい!

お店を開ける前にある程度の準備はできます。

服をマネキンに着せておくとか、あらかじめパイを並べておくとか。

でもお店がはじまると、レストランに客は入ってくるわ、2階では服をはいで放り込んで縫って掃除して・・・。

とにかく忙しい!

優先度としては、マネキンに服を着せてないと仕立て屋の客の満足度が上がりません。

なるべく怒って帰る客が出ないようにするしかありません。

とにかく服を縫って展示。

料理の材料は仕立て屋のほうで調達するので、やはり仕立て屋のほうが優先になると思います。

一番にやっておきたいのは、殺人現場となる仕立て屋の奥の部屋の掃除。

つぎの標的を効率よくまわすために優先的にやっておくべきですね。

シュートの下にはいくつか死体を置いておけるので、死体の処理はそれほど急がなくても構わないと思います。

(死体が傷むかどうかは不明)

一日が終わると

営業時間が終わると、レポートで一日の客の数、収支をみたり、施設のアップグレードなどができます。

レポート

怒って帰ったお客さんがいますね。

今日は28ポンド稼げました。

アップグレード

施設のアップグレードをして時間を短縮したり、たくさん作れるようになったりします。

材料やレシピもここで増やせるみたいです。

ためしにテーブルを追加してみる

レストランにテーブルを追加すると、客の注文を取りにテーブルまで行くことになります。

そしてオーダーに合わせて地下で料理を作らなければならなくなります。

レシピは進めていくと追加されていくのでしょう。

テーブルと地下を往復するのは時間がかかって忙しさに拍車がかかります。

急いでハンバーグみたいなのを作りましたが、タイムオーバーで客は帰ってしまいました。

これちょっとひとりじゃ無理ですよ。

口の固い従業員を雇ってください!

テーブルの追加は後回しにした方がよさそうです。

メール

最初は謎の「J」という人物から手紙が届きます。

スキン

スキンはお金を払ってアンロックしていくことになっています。

うーん、見た目は変わらなくてもいいわ、いまのところは。

お金は施設のアップグレードにまわします。

3日目の朝

お店に手紙が届きます。

それは「J」という人物からで、まあちょっと英訳が私では難しいのですが要約すると、

「あなた達がこの町に引っ越してきて興奮した」

「あなた達がやっていることを知っている」

「この手紙を脅威だと思わないでほしい」

「死体をどうやって処理しているか?」

「私は死体を食べている」

つまり、咎めるつもりはなく、なんなら一緒に仕事がしたい、的なことでしょうか?

この手紙に対する夫婦の結論は「特になにもしない」です。

図太いなあ。

とりあえず何事もなかったかのように営業を続けましょう。

しばらく淡々とプレイしていると、次のターゲットをおすすめする手紙がきたりして一応ストーリーが進んでいくようです。

もう少し進めたら、また続きを書きますので今回はここまで。

あなたもサイコパスなお店をはじめてみませんか(*^^*)



つづきはこちら↓

あわせて読みたい
【Ravenous devils】日本語対応しました!ちょっとだけ攻略&ネタバレあり この記事はRavenous devils序盤?までプレイした情報です。後半にストーリーネタバレありますのでご注意を。 アップデートで日本語対応になりました!これで会話内容が...
あわせて読みたい
【ゲーミングクッションEXO SCUFレビュー】ゲームプレイ時の姿勢改善、疲労軽減に(光りません) ゲーム歴38年、人生のほとんどをゲームのコントローラーを握って歩んできたはなりんです。今回はゲーミングクッションのご紹介! ゲームパッド勢あつまれ~! あなたの...

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次