【MR.PREPPER】プロローグプレイしてみました

MR.PREPPER

はなりんです。

今回は【MR.PREPPER】というゲームの紹介です。
前から気になってはいたんですが、なんとなくスルーしていました。
だって、主人公がただのおっさんみたいだったからいまひとつ響くものが無くって。

少し前にモロトフカクテルゲーミングさんの動画を見まして興味を持ち、
アサクリが現在プレイ不可状態ということもありまして
(プレイしてもいいんだけどエラー落ちはもうたくさんだ)
プレイしてみました。

スポンサーリンク

プレイ動画

楽しい!

結果、ものすごくハマりました。

どういうお話かと言うと、
独裁政権下、息が詰まりそうな街から脱出したものの
見つかってしまい家に強制送還されてしまったプレッパー。
(辞書によると「PREPPER」とは
「戦争や自然災害などの非常事態に日頃から備えている人」とのこと)

彼は再び脱出するために地下シェルターを作っていろいろと準備するみたいです。
核戦争に備えて地下で生活するという感じもするので、
本当に脱出したいのか、
それとも60secondsのように地下にこもるのかは今のところ不明です。

定期的に政府の人間が怪しいものが無いか監視に来ます。
たとえば武器とか地下室へのハッチなどですね。
監視に来る日はカレンダーに書かれているので、
その日はいろいろなアイテムの隠蔽をしなければなりません。
装備はインベントリへ、ハッチはカーペットで隠しましょう。

それ以外の日は何しても大丈夫!
抜き打ち検査はないみたいです。

トレーラーにロケットを作っているシーンがあったので
最終的には宇宙に脱出するのかな。

悪い点

レビューにもいくつかあるように、
すぐ眠くなるし、
すぐお腹減るし、
一日が矢のように過ぎていく。

移動もしにくい。

食糧は森のブルーベリー。
十分な量の確保に半日を費やす。

今のところ十分な金策がないのでただで手に入るブルーベリーが主食。
おっさんはまるで幼児のように、必ずお昼寝しないと具合が悪くなる。
一日三食食べるだけの食料(ブルーベリー)も手に入らない。


でもそれ以上に地下シェルター作るのすごくわくわくすっぞ。
マイクラで地下作った時のわくわく感。
しかも地下農場まで作れます。

しかしまだ発売前、
これからバランス改善をしてくれることを期待します!

デモ版とプロローグの2種類があって、
プロローグの方が少し長めにプレイできます。
もちろん無料でございますよ。

もうすぐ発売

発売は3月19日に決定しました。

発売までの間、コミュニティチャレンジとして
コミュニティグループのフォローと
steamのウィッシュリストに追加することで
ディスカウント率が決まるそうです。
私も早速フォローしました。
詳しくはsteamのストアページで見られます。

プロローグでは鉱山に入るまでしかプレイできません。
その先をちょっとだけ見せておいてこの仕打ち。

動画の後気づいたこと

編集段階では分かりませんでしたが、
その後のプレイで、やはり食料は冷蔵庫に入れておかないと腐ることが分かりました。
ブルーベリー持ち歩いてたら腐ってた。
たぶんですけど、丸一日くらいでダメになる感じがします。

腐ったものからも何かクラフトできそうな気配はしました。

あと大きな部屋が作れること。
地下2階は小さな部屋しか作れないのかと思っていたら、
区切りの無い大きな部屋も作れると。
製品版では必須ですね。

あと2か月、楽しみに待ってます。

それでは。

コメント