【Graveyardkeeprer】#18ストーリー考察(ネタバレ注意)

Graveyard keeper

はなりんです。

暖かくなってはものすごく寒くなったり、変な気候です。
毎年こんな感じでしたっけ?
寒い時ってものすごく気温が下がる気がします。

スポンサーリンク

プレイ動画

マスターの死が引き起こしたもの

前回集めた遺物、ベルトのバックルで見たもの。

それはマスターの死を民衆に伝えるジョーブの姿でした。

前回の映像から2年が経過しており、そこへきてマスターの死。
マスターはやってきてからたった5年でまた去ってしまいました。

ジョーブはマスターは古代神の神官に殺されたと告げ、
マスターの魂は天へと昇り、我らの新たな神となったと宣言しました。
併せて彼の遺言によってジョーブが王に、ルシウスが法王となったと。

ジョーブは民衆を巧みに誘導し、古代神派の人々に復讐することを示唆します。

ジョーブはなぜ突然民衆を復讐に駆り立てたのか。
古代神派の神官の犯行だったなら捕まえるなり、
逃げられたとかそういう報告があってもいいと思います。
報復するならまず犯人なのに。
何もなく、誰のせいでもなく、まるで病で亡くなったかのような言い方。
引っ掛かります。

土器の欠片で見たもの

かつてチェインとホラドリックが話していた神殿のような建物が焼け落ちています。
先導するのは今や法王となったルシウス。
人々の中にはクレズボルドとホラドリックもいます。

新たな神の名のもとに人々を虐殺し去ってゆくルシウス。
かつては同じ神のもとにいたのに、
見知った顔の神殿の人々を殺すことを何も思わなかったのでしょうか。

ホラドリックはチェインと一緒になりたかった。
ジョーブとルシウスは自らが古代神に成り代わり
民衆を支配したかった、ということでしょうか。
クレズボルドは・・・ホラドリックの手助けをしたかっただけ?

ホラドリックが神官であるディグスと義理の親子関係だったことを
うまく利用された気がします。
ホラドリックはこんなこと望んでいなかったのでしょう。

チェインの事を心配しますが、クレズボルドはもはや成るようにしか成らないと
腹を括っているようにも思えます。
ホラドリックのように執着するものがなかったからでしょうか。

巫女達はすでに沼地に逃亡しており、
クロソはそのまま沼地に居を構えてしまったと言う事ですか。

ディグスを救出に向かうホラドリックは、ようやく自身が犯した過ちに気づき始めたようです。

疑問点

主人公、5代目墓守のいる時代の神って、
いったいどの神様を信仰しているのでしょうか。

元々は古代神が唯一の信仰の対象だったのはもちろんですけど、
ジョーブをはじめとしたマスター派の人々はマスターを信仰し始めた。
この時2派に別れて、今現在はもうマスター派は存在しないのでしょうか。

エピスコプは神官ですが、別に「古代神様が・・・」というのは聞いた事がないような。
「主」と言っています。(私が見落としてるだけですか?)

クロソは元巫女ですから、頻繁に「古代神様」と言っています。
チェインも「古代神に誓って」と言っていました。

エピスコプは教会の祭壇で何に向かって祈りを捧げているのでしょうか。

あと、ジェリーは映像の合間で結構重要なことを話しています。
しょうもないことも言いますが、次元の扉を起動するのに
6個のカギと7人の人間が必要だとか。

ジェリーは起動方法を最初から知っていたと言います。
先代の墓守にもそれを話した、と。
ここで言う「先代」と言うのは4代目の墓守のことでしょうか。
故郷に帰りたい4代目墓守に同情してそれを教えた。

主人公の墓守も最初にジェリーから「次元の扉で元の世界に帰ることができる」
ことを聞きました。
古代神も「帰る方法はある」とはっきり言っていました。

「4代目墓守が次元の扉を起動して爆発、そこにいた全員が亡くなった」
この情報っていつからありましたっけ?
占星術師は「4代目墓守は急に行方不明になった」と言っていましたが。

DLC「Game of Crone」で先代の墓守達にある程度触れましたが、
ジェリーはやはり重要人物であることは間違いないです。

それでは。

コメント