【Graveyard Keeper Game Of Crone】#7美人でもだまされない(ネタバレあり)

Graveyard keeper
スポンサーリンク

はなりんです。

今回から両方のDLCを同時に進めていくことにしました。
「Game of Crone」だけ見ても古代神のことがあまり分からないし、
ホラドリックはじめクロソなども関係してくるので
これはやらないわけにはいかないと思いまして。

あと野営地の建設に必要な素材の一覧を作りました。
こちらから飛べます。

スポンサーリンク

プレイ動画

審問官絶対だまされませんから

まずは以前取り損ねてしまった審問官イベントを撮りなおしました。
前はいつの間にかイベント自体消えてしまっていたので。
それほどの話は聞けなかったけど、
小娘ごときにだまされるような審問官ではないことが分かってよかったです。
さすがですね。
そして審問官にも変な匂いがするって言われてしまいました。

「Stranger Sins」スタート

安置所にいるジェリーにワインを渡せば「Stranger Sins」が始まります。
ワインなどでは弱すぎるので強い酒を持ってこいと言われ、
灯台から村の間のどこかに酒樽が埋まっているから
掘り出して来いと言われました。
ディグの立っている場所のすぐ上にあります。
掘り出しては見たものの樽ではなく何かの機械でした。
するといつもの嫌味男(クレズボルト)がやってきて、
「村の土地は公共の物」だから掘り出せないと。
この村、共産主義なのかな。
ロバの勤める郵便局は資本主義って言ってたのに。
で、ジェリーと相談の末、その土地を購入することになりました。
その機械でジェリーの過去が分かるかもしれないということです。
まあ何十年も記憶喪失もつらいよね。

ホラドリックのアドバイスで土地の名義をディグにして、
ようやく土地を購入しました。
名義人の同意はいらないようです。
ただの建前なのね。

酒場の建設は「コーリー&ブラザー」にお願いすることになりました。
というか、村でただ一軒の大工だよ。
町には建設業の人がいないらしく、
先に王国評議会の納屋の建設を請け負っていると言われました。
(評議会の納屋って何か変な感じですね)
でも資材の納品が滞っていると。

ここで評議会にお金を払って先に酒場を建ててもらうか、
納屋の建設資材を墓守が用意するか選べます。

お金はあまり余裕がないので資材の準備を選択しました。

お金を払うことを選択する場合、
いくら払うのかは分かりませんが
資材は実質無料なのでそっちの方がいいのではないかと思います。

資材を準備して銀50支払えば、あっという間に酒場の完成です。

酒場が完成

新築の酒場にはすでにジェリーが到着していて、
バーテンにする人形を作って来いと言われます。
木工作業台で黒いスーツを着た人形を作って酒場へもっていくと、
ヨリックがその人形に入ってバーテンダーをしてくれるって。
いや~それは便利ですね。
実はヨリックは30年もバーテンダーをしていて、
アルコール中毒で死んじゃったそうで。
・・・死因は処刑だったって呪術師の目で見たけどな。
・・・死因がアル中だったら何か都合が悪くなったのかな。

ヨリックはいろいろ文句を言っていますが、
とにかく作ったお酒をここで売ってくれます。
ゾンビブドウ畑でぶどう・ホップを作り、
自宅地下のゾンビ醸造所でビール・ワインにしてもらって
さらにゾンビに酒場まで運んでもらえます。
それぞれの生産数を∞にしておけば時々様子を見るくらいで
完全自動操業です。
酒場のカウンターの箱を覗けばお金がもらえます。
いやあ便利だこと。
裏にはキッチンが完備されていて、
料理をセットしておけば自動でカウンターの箱に入るようになっています。

いよいよ謎のマシーン稼働

酒場の運営が出来るようになったら、
やっと本命の登場です。
球形のマシーンの中には白骨がありました。
ジェリーの話ではこれがクロソのお気に入りだった3代目墓守とのこと。
なぜこんな場所で死んでしまうことになったのかは分かりませんが、
持って帰って墓場に埋葬してあげましょう。
誰がこの棺桶と化してしまったマシーンを、
地面の下に埋めてしまったのかも知りたいところです。
ご丁寧にも操作手順と必要な遺物のリストが添えてあり、
その遺物の持ち主まで書いてあります。
3代目墓守も古代の呪いについて調べていき、
過去に何があったのかということに行きついたのでしょうか。

まず最初はホラドリックの持つ「古代神の像」です。

その前に3代目の遺体を埋葬してあげようと思い持ち帰ってきましたが。
何とこの人、脳がふたつあるではないですか!
人間じゃない!!
(本当は、白骨だったのに急に内臓とか肉体が蘇っている方が突っ込みたいです)
怖いのでさっさと埋めてしまいました。
蘇ってこないように墓石をドーンとのせて。

では今日はこのへんで。
それでは。

Graveyard keeper
スポンサーリンク
この記事をシェアする
主婦ゲーマーのノート

コメント