MENU

ケンタッキーフライドチキンのおいしいあたため方!カリカリジューシー!

スポンサーリンク

もうすぐクリスマスですね!

ケーキにチキン!それともローストビーフ?

我が家ではケンタッキーフライドチキンが定番です。

このブログはゲームブログなんですが、あえて言わせてもらいたい!

それは!

「みんな、フライドチキンをあたためなおす時ってどうしてるのかってこと!」

今まで「私KFC大好きなの~」という方には何人もお会いしました。

でも、皆さん冷めてしまったチキンのあたため方にはそんなにこだわっていないようなのです。

うちはほとんどお店で食べることはありません。

なので、いかに「おいしくあたためなおすか」は重要課題!

一時期KFCに就職まで考えたチキン大好き人間がオリジナルチキンのあたため方についてお話ししたいと思います。

(ちなみに私の尊敬する人はカーネル・サンダースです)

目次

オリジナルチキンのあたため方(KFC公式)

KFCでは

オーブンレンジ・・・アルミホイルで包んで180~200℃で5~8分加熱。

電子レンジ  ・・・無包装のまま1個につき
500W:30~60秒
600W:20~40秒

という表示になっています。

しかしですよ!

この温め方ってなんか物足りなくないですか?

電子レンジだと・・・

・アツアツにすると肉がパサパサ

・外はベタベタ

・部分的に熱かったり冷たかったり

オーブントースターだと・・・

・中心部はなかなか熱くならない

・時間がかかる

・そのまま入れると、上は焦げて下は油でベタベタ

・ホイルでひとつずつ包むのはめんどう

しかし!

時間がかかってもおいしいチキンを食べたいんです!

まずいチキンなんてチキンじゃない!

オリジナルチキンのあたため方(はなりん方式)

ではその方法を紹介したいと思います。

準備するもの
  • 電子レンジ
  • オーブントースター
  • アルミホイル
  • キッチンペーパー

まず、オーブントースターをあたためておきます。
(これ結構時短になります)

電子レンジへ

お皿にキッチンペーパーをしいて、チキンを間隔を空けて並べます。

均等に電磁波が当たるように並べましょう。

衣がべたつくのでラップはNGです。

飛び散りが気になる方はキッチンペーパーを上からかけるなどしましょう。

キッチンペーパーは、油を吸収して衣が剥がれるのを防止するためにしいています。

吸収してくれるものならなんでもいいです。

私はリードヘルシークッキングペーパーが好きです。

最初に電子レンジにいれるのは、オーブントースターではあたたまりにくい中心部をあたためたいから。

1個なら30秒~、4個なら1分くらいで一度様子を見てください。

あたためすぎはパサつきの原因になります。

冷蔵庫に入れていたなら「冷たくない」くらいになったらOKです。

常温なら電子レンジは必要ないです。

その後オーブントースターへ

アルミホイルをチキンが乗る大きさに切り、軽くくしゃくしゃにし、また伸ばします。

凸凹を作って油が下に落ちるようにしています。

私は↓をつかっています。くっつかないのが便利!

くしゃくしゃにする時に穴が開くことがあります。

もう一枚下にアルミホイルを重ねるか、トレイをつかうなどしてください。

下に油が落ちると掃除がめんどうです。

アルミホイルの上にさきほどのチキンを並べてオーブントースターに入れましょう。

ここで、外側をカリカリにします。

焼きすぎるとパッサパサになり味が落ちるので、慣れないうちは決して目を離さずにしっかり見張りましょう。

軽く焦げるくらいでも私は好きですけど。

焼き加減はお好みで、なんならひっくり返してまんべんなく焼いてもよし。

900Wでも5分以上はかかると思います。

お好みの焼き加減になったら、先ほど電子レンジに入れた時に使った、あたたまったお皿にいれましょう。

お皿があたたかいと冷めにくいですから。

さあ、いただきます!

ついでにポテトも熱々に

チキンを温める前に、フライパンに少し油をひいてポテトを放り込んでおきましょう。

弱めの中火で時々あおりながらじっくり温めるとおいしさが復活します。

カリカリ具合はお好みで。

時間がかかるので、チキンと同時進行でやるといいです。

カリカリになったらもう一度塩を振って。

ビスケットも熱々に

ビスケットはトースターの600Wで軽く焼いています。

電子レンジだと20秒でもパッサパサになってしまい、おいしくなくなります。

デメリット

この方法は、時間がかかるし、なによりめんどうなこと。

主人は絶対に自分ではやろうとしません。

「おいしい熱々のチキンを食べたい!」その情熱が私を動かしています!

もうちょっと時短できる方法があればいいな~と毎回思っていますが、なかなか・・・。

まとめ

いかがだったでしょうか。

電子レンジ → オーブントースターのコンボ技です。

少々時間がかかっても大丈夫という方は一度やってみていただきたい!

やっぱり外側はカリカリがおいしいですよ。

オーブントースターじゃなくて、オーブンレンジの加熱水蒸気機能をつかえばパサつかないのかもしれません。

しかし、その場合更に時間がかかることになりますので試したことはありません(笑)

もっといい電子レンジ欲しいなあ。

では今日はこのへんで。

よいクリスマスを!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次
閉じる