MENU

【FINAL FANTASYⅠ】PC版 懐かしい!プレイしてみました

スポンサーリンク

はなりんです。

Steamからファイナルファンタジーシリーズが順次リマスター版として発売されています。

私が欲しいのは5何ですけども、
どういうものかちょっと興味があったのでとりあえず1をプレイしてみました。

目次

新しいFF1

リマスターされたFF1です。
Steamで1480円。
ピクセルリマスターとして今のところ1~6まで発売が予定されているようです。
8月11日現在では1~3まで発売されています。

オリジナルであるファミコン版の発売は1987年ですから、
ずいぶんと昔の話ですねえ。
最初にクリアしたのは小学生の頃で詳しく覚えていませんが、
高校生の頃もう一度プレイしたのは記憶しています。
発売当初、兄が買ってきて「プレイさせろ」と言うと
「お前にはまだ早い」と言われたことははっきり覚えてます。
そういうのは死ぬまで忘れないからなっ。
白いカートリッジがやけに眩しかった・・・。

FFといえば今までたくさんのリメイクや移植などありましたが、
今回は追加要素は無いようです。

オリジナル版をベースに作り上げた・・・?

ストアページにはこのように書かれていましたが、
FC版に比べるとずいぶんサクサク進むことができます。
(私はFC版しかプレイしたことがありません)

オート戦闘

まずオート戦闘の導入で時間を無駄にすることがなくなったこと。

キーボードの「Q」を押すだけで直前のコマンドが繰り返され、
早送りで戦闘が進んでいきます。
コントローラーもちゃんと使えますので安心です。

資金繰りが楽になった

モンスターの落とすお金の違いは調べられませんでしたが、
武器、防具、魔法、アイテムの売値が大幅に下がっています。

あの地獄のような貯金タイムがとても短く済むようになりました。

ついでに経験値も貯まるので、もはやレベル上げはいらないのではないかと。
レベルの上がり方も早くなっているような感じです。
昔はレベル上げだけでも何日かかかっていたような。

ダッシュできる

フィールドではできませんが、
街の中や洞窟などではダッシュできるようになったので
素早くお店からお店へ移動できます。
ちょっと早すぎて通り過ぎてしまうくらいです。

おそらく戦闘の難易度も下がっているのではないかと思います。
洞窟のボスが最初のターンの戦士とシーフの攻撃で倒せてしまうこともあります。
序盤とはいえそんなことありましたっけ・・・?

グラフィックについて

全体にずっと後のFFのような感じに仕上がっています。
街並みも建物内もすごくきれい。
街ごとに建物も変化があって細かいです。
個人的にはクラスチェンジ後のキャラがすごくおっさんっぽい問題が
少し解決されていてほっとしました。

とはいえやはりドット絵ですので、
大きなモニターでやっていると粗が目立つ感じもします。
私はウィンドウモードでモニターサイズより少し小さくしてプレイしています。

全体としてストレスなくサクサク進められることは
良かったんじゃないかと思います。
子供の頃と違って時間も限られているし、
早く進められることは大事です。

私はおすすめしたいですね。

音楽も新しくなっているのですが、
グルグ火山のBGMだけがちょっと残念でした。
もう少し原曲の感じを残してほしかったかなあ。

お値段もそう高いものではないし、
長いFFシリーズの原点をぜひプレイしてみてほしいです。

それでは。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次
閉じる